« 蟲師「第二十二話 沖つ宮」 | トップページ | PS2「ワンダと巨像」SCE »

2006.05.27

芦奈野ひとし「ヨコハマ買い出し紀行 14」アフタヌーンKC

Gk060527ykk14

皆さん今晩は。タイトルを変更してから初となるレビューは、リニューアルスタートとは

相反するグランドフィナーレを迎えた傑作スローライフ萬画、「ヨコハマ買い出し紀行」です。

思えばこの萬画を読み出したのは、同名のラジオドラマをリアルタイムで聴いていたから。

訥訥と語られるストーリーに加え、GONTITI(ゴンチチ)によるイメージぴったりのBGMに

開始3秒で魅了され、すぐ原作に触れたのです。 それが早や12年。 ‥‥歳とる訳です。

そういえばその番組内で流れたenyaの「Anywhere Is」にも魅了されて、次の日に速攻で

買いにいったっけなぁ‥‥。 因みにenyaがブレークする前です。 この番組のスタッフ

には先見の明(めい)がありましたね !!

閑話休題。 本作品は2006年5月現在、社会的ブームになっているスローライフの兆候を

先駆けて取り入れていたと言ってもいい萬画であり、読んでいるだけでヒーリング効果が

ある(といっても過言ではない)稀少な作品でした。 語らずして語る という作風を

体現していた傑作。 ラストに至る10話の展開スピードに吃驚(びっくり)させられつつも、

独特のテンポは最後の瞬間まで続いており、切ないんだけれども爽やかな気分になる

とても「CAFE ALPHA」らしい締括りでした。

まだOVAは観たことないんですが、これを機に視聴してみようかな。 ちょうど近所の

レンタル屋に置いてあった筈だし。 何はともあれ、 おつかれさまでした !!

« 蟲師「第二十二話 沖つ宮」 | トップページ | PS2「ワンダと巨像」SCE »

gk. Manga, Booklet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1873366/50912553

この記事へのトラックバック一覧です: 芦奈野ひとし「ヨコハマ買い出し紀行 14」アフタヌーンKC:

« 蟲師「第二十二話 沖つ宮」 | トップページ | PS2「ワンダと巨像」SCE »

◇ Twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック