« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.30

天外魔境Ⅱ MANJI MARU 低段クリア覚書 「伊勢, 紀伊」篇(中盤)

 03tengaiii1
 © 1992, 2003 HUDSON SOFT
 © 1992, 2003 RED

神タタの船を入手した卍丸とカブキ。参と四の銅鐸を目指し、最大の難関に挑戦です。

<雑魚敵を一匹も倒さずに和歌山城へ乗り込むべし !!  >

諸諸の準備が終わったら船で熊野村から新宮村へ入り、1回目の記録をします。

これ以降「羽衣」「天人」の巻物は永久封印、1度の「敗走」も許されない道程となります。

海上で天敵となるのは、素早さ175の「ぬら顔」と、250の「巻貝忍者」 !! Σ(゚皿゚;)

この2体と遭遇してしまったら手加減抜きの全力投球、ある意味ボス戦よりも本気で

挑まないと突破が成功せず、敗走の回数だけが増えていくことになるのは必至です。

「月寝」だけを狙っていき、甘露丸も全て使い切る覚悟でなんとか切り抜けましょう。

卍丸は回復役。カブキの技が減ったら若草と月寝を交換し、攻守交替していく作戦です。

続きを読む "天外魔境Ⅱ MANJI MARU 低段クリア覚書 「伊勢, 紀伊」篇(中盤)" »

2006.10.26

天外魔境Ⅱ MANJI MARU 低段クリア覚書 「伊勢, 紀伊」篇(序盤)

 Gr_ps2manjimaru02isekii1stsandayu_0Gr_ps2manjimaru02isekii1stsandayu_1Gr_ps2manjimaru02isekii1stsandayu_2
 © 1992, 2003 HUDSON SOFT
 © 1992, 2003 RED

PCE版とは一線を画す進め方となる伊勢と紀伊の両国。

本作(PS2及びGC版)中 最大の難所となりますので、生半(なまなか)な姿勢で遊んでいる

人は注意して下さい。

それでは、強引に仲間になってしまったカブキの勢いに倣って、早速始めましょうッ!!

その横で恋の耳かきを所持していた事にも若干イラッとしつつ、雑魚敵の「頭突き部隊」と

「水狼」だけには遭遇しない事を祈りながら、伊賀村→松坂(まつさか)町→伊勢神宮→

志摩村を最短で通過し、マップ最南の尾鷲村に行く事だけを目指します。

「天章の笛」を入手するには伊賀村で「石川のカギ」を貰い、志摩村内の真珠いかだへの

扉を開ける必要があります。各町村全ての人の話をよく聞けば、迷う事はないでしょう。

【カブキ団十郎 初期状態 10段 徳 116/ 46】(PCE版 11段 徳 392/ 118)

 Gr_ps2manjimaru02isekii1stkabuki

続きを読む "天外魔境Ⅱ MANJI MARU 低段クリア覚書 「伊勢, 紀伊」篇(序盤)" »

2006.10.25

天外魔境Ⅱ MANJI MARU 低段クリア覚書 「火多, 尾張」篇

 Gr_ps2manjimaru01hidaowari_1
 © 1992, 2003 HUDSON SOFT
 © 1992, 2003 RED

知る人ぞ識る超傑作RPG「FAR EAST OF EDEN 天外魔境Ⅱ 卍MARU」。その初移植となった

PS2&GC版「天外魔境Ⅱ MANJI MARU」は、昨今の家庭用ハード向けゲームソフトに導入

されている年齢別レーティング制度、通称「CERO=Computer Entertainment Rating

Organization」の中で、審査結果が最も低年齢向けとなる「A」を選択し、本篇中の台詞や暴力

描写等を修正して制作された為、絶妙なシニカルさが売りだったオリジナル版(PCエンジン

SUPER CD-ROM2=以下 PCE)とのギャップが激しくなり、根強い人気を支える往年のファン

から大ブーイングが出た不遇の作品です。

然し考え方を少し変えて上記の過程を肯定的にとらえれば、平成生まれのチビッ子にも

この名作が体験できるので、悪い面ばかりじゃないと思い、またプレイしてみようと再購入

しました(中古品は価格破壊が起こっており、原価から95%offの ¥260 でした)。

問題に気付いたのは、やり込みプレイとして有名な「低段クリア」に関する“とある事実”に

直面した時でした。

前述した通り大多数のプレイヤーからダメ出しをされた作品の為、“PS2版における低段

クリアの攻略”を論じたファンサイトがどんなに探しても見つからず、参考に出来る媒体が

無いという、とても悲しい現実でした。

でも物は考えよう。無ければ自分で創ればいいッ !! そう思い立ちました。

という訳で、いつものレビューとは少し違い“やり込み考察”の連載を開始しました。

火多(ひだ)から尾張までのPS2版低段クリア覚書(おぼえがき)、スタートです !!

続きを読む "天外魔境Ⅱ MANJI MARU 低段クリア覚書 「火多, 尾張」篇" »

2006.10.01

リフューズ・リデュース・リユース・リサイクル

現在主婦(主夫)の方達からすればすでに常識かと思いますが、いよいよ私も見習う事と

あいなりました。 買い物時の模範行動 レジ袋をなるべく断る です。

以前から中途半端なコンビニ買い物程度なら、手提げのレジ袋を貰う必要性はないと

思い断っていたのですが、スーパーなどでの食料品買い出し時は断っていませんでした。

しかし、いい加減自分の行動に“自分が”違和感を感じてきていたので、用事の旁(かたがた)

無印良品の布製マイバッグ を買い、「貰ったくせに結局使わないまま捨てるレジ袋」

という惰性習慣を正すことにしました !!

99円という安価な物ですが、無印らしい個性は買ったその場で好きなスタンプを使って

バッグにデザインを施せるという点。 面白いなと思ったので、早速ペタペタと作業開始。

子どもや女子高生の関心を横目で感じながら、ものの2分程度で完成。

いつ買って使い始めたのかを示すための日付 06.10.01 と、 最近好きな単語

SUSTAINABLE という文字を刻印しました(持続可能の意)。

デザイン作業中「えー、なんか面白そうだね〜」と興味津津だったティーンガールズがいて、

その肯定的リアクションに内心 イエ―\(≧Д≦*)9―イ !! のシュプレヒコール !!

どんどん真似しておくれ ! なんならおぢさんが一つプレゼントしちゃうさ〜。

長期的に考え、あと1〜2種類ぐらい持ってても良いかなと思っています。

Mybag

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

◇ Twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック