« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年4月

2007.04.16

NGPC「水木しげるの妖怪写真館」浮世亭

引き続き携帯ゲーム機のネオジオポケットカラー(以下NGPC)の話。

買った動機は当然の事ながら供給されているゲームソフトをプレイしたいから――ですが、

そうなればNINTENDO DSやPS3等では“遊ぶ事が出来ないタイトル”という結論に至ります。

ここ数年間に体験した物としての私的ベスト・ビデオゲームには、「零 -刺青ノ聲-」「零 紅い蝶」

「ワンダと巨像」「ICO」などが挙げられます。

そんなゲーム群の隠れた共通点が何かと問われれば。

私が考えるに「中毒性」と「蒐集欲」が醍醐味だという点。

たとえばワン巨には「アハ体験」に似た中毒性があります。登場する巨像にはそれぞれに

異る弱点があるのですが、大抵のプレイヤーは見つけられずに苦戦します。

虚構娯楽の中では既に慣例化している“戦闘という擬似体験”の中に“クエスチョン”という

スパイスが提供されるので、その謎=問題が解けた時、プレイヤーは「これか――ッ !! 」と

アハ体験します。ゲーム通の人達はこれを「トライ&エラー」「ハマゲー」などと呼びます。

蒐集欲で挙げれば、DEAD OR ALIVE シリーズで有名なテクモの「陰の神作品」として

多くのホラー・ファンから絶賛されている「零」シリーズ。

劇中には射影機(しゃえいき)という名の除霊カメラがあり、プレイヤーはその舞台装置を使って

襲ってくる怨霊などを退けます。

慣れない内は写真に写った怨霊の姿に「うわぁ‥‥」と戦慄するも、そこにはストーリーの

バックボーンを解く重要なヒントが隠されていたり、タイミング次第では生前の頃の美しい

表情が撮れたりもするので、次第に自分からベストショットを狙うようになっていきます。

「激写ゲー」とも呼ばれる理由がここにあります。

長い前説で申し訳ありません(笑)。本題に入ります。

以上のような中毒性と蒐集欲を兼ね備えたNGPC専用ソフトがこちら。

 01yokaisya01

'99年12月に発売されたスナップアクションRPG 水木しげるの妖怪写真館 です !!

あれは確か、借りて読んでいたファミ通の連載萬画「ジャングル少年ジャン番外編 ドッキン

ばぐばぐアニマル」の冒頭、“油すまし”のベストショットを誇示するシャウトから始まった。

何やらもの凄い勢いでプッシュしており、それ以降の回でも度度ネタにされていました。

然し、それでも決定打にはならぬまま時は過ぎ。本作の事を忘れかけていた私は同誌の

連載コラム「ブルボン小林のゲームソムリエ vol.46 モラトリアムなゲーム」(06年10/13号)を

読んで思い出し、そのレビュー内容に共振して、この出合いは必然だったのだと確信。

ここまでくれば、NGPCと本作を入手するまでそれほどの時間はかかりませんでした。

詳しいゲーム内容は開発元の浮世亭ウェブサイトで確認してもらうとして、幾つかのツボを

ご紹介。

前述した射影機がリンホフを参考にした蛇腹式なのに対し、妖怪を写せるという不思議な

カメラ「雲外」(うんがい)は二眼レフレックス!!

意識したのはローライ、いや SEAGULL 海鴎 シーガル か。

他の追随を許さなかった王者GAME BOYとの競争史が重なり、共に“廉価版”という名の

戦略を掲げたNEW!ネオポケカラー本体の姿も相俟って、反骨精神が刺激されます。

――閑話休題(笑)。とにかくにクラシカル好きな私には堪らない設定であり、この疎通が

購入の動機になった事は言うまでもありません。

 01yokaisya02ungai
 © 1999 水木プロダクション/SNK 1999

 弟子になりたいと押し掛けた主人公に“水木サン”が貸し与えた寫眞機(しゃしんき)が
 この「雲外」。
 後述する撮影誤差現象は、実際の二眼レフ式カメラでも欠点とされていたパララックス
 (視差現象)を意識しているのかも。うーん、趣味だねぇ‥‥。

もう一つは撮影出来た妖怪達のドット絵。

ファミコン時代のドラクエ風グラフィックで描かれた日本列島には現実同様の主要都市が

存在し、それぞれの地方特有の妖怪を探して全国を行脚するのですが、自動エンカウント制

RPGとは違い、妖怪達と遭遇するには幾つかの条件を揃えなければいけません。

時間帯が「あさ」〜「よる」だったり、地形が「のはら」〜「かいじょう」だったり、フォトバトルでしか

入手出来ない「広目鏡」(こうもくきょう)や「水鏡」(みかがみ)などの強化アイテムを付けたり。

それら一定の条件が揃った時、怪しい場所で徐(おもむろ)にBスイッチを押してメニューを

開き「さつえい」を選ぶ!! 切り替わった画面内には出現中の妖怪の「ぞくせい」を表している

アイコンが動き回る(逃げ回る)!! Aスイッチを押しながらぐりぐりレバーで中央ガイド

(雲外の目アイコン)を重ね合わせ、ピピッという音が鳴ったと同時にシャッターを切る!!

こうして撮影出来たフィルムに写った妖怪の姿は、決してプレイヤーの思い描く通りの構図で

撮れているとは限りません。

撮影時にはど真ん中を射抜いていたとしても、妖怪の種類によっては身体の中心線から

“ずれる”設定になっていたり、「ひき」と「アップ」の2種類に書き分けられている原画の一方

だったり。

水木しげる作画活動50周年記念原画集「妖鬼化」(ムジャラ)に準拠したものが多い美麗な

ドット絵群を一目見れば、蒐集しない訳がないじゃないですかッ!!

 01yokaisya03notmisstake
 写真はさざえ鬼ですが、「ひき」の構図が極めて素晴らしいのが鬼太郎ファミリー。
 そのベストショットを狙って撮影した枚数は数知れず、ブルボン小林氏も絶賛する
 鬼太郎の〇姿を拝めた時は最高の気分になりましたw
 他には猫又、九尾の狐などにも美学を感じます。

噫(ああ)、第2回の写真交換会が開催されるとしたら絶対参加するのに !!

後悔、先に立たず。

ファミコン、ディスクシステム、PCエンジンの通信販売買取、ゲームセンターCXで話題のレトロゲームやテレビゲームあります。「TEA4TWO -WebShop-」

2007.04.15

質は辰巳や

 ――って、墓場の鬼太郎「夜叉」2㌻2コマ目の電柱に書かれた文字をタイトルにする私はれっきとした某妖怪。 ‥‥矢張大好きだなぁこの作品。 という訳で、本日の第3話「妖しき旋律 ! 夜叉」の談。

 シリーズ第4作を識る通ほど悶悶とした一週間だったことでしょう。 “貝澤監督”で“第3話”で“夜叉”ですから。 これを青天の霹靂と言わずして何と言う !! 勿論私も同じ穴の狢でしたが、結論から言うと‥‥「シリーズ第5作の夜叉」以上でも以下でもないエピソードでした。 えぇ、気持ちは一緒(分かります)ですとも戦慄版夜叉派の皆さん。 しかし、可視ビジュアルとして譜面が漂う演出なんかは原作っぽくて良かったじゃないですか。 寧ろ第4作での夜叉が特異すぎたとも言えるので、両方の違いが細部まで堪能出来た分、得した感じの30分でした。

 そんな中、次週の番宣予告で出される対決妖怪シルエット当てクイズ。 今回はギリギリまで迷ったのでちょっとだけ危なかったですが、結果的には全問正解中。 これもひとえに妖怪写真館での蒐集の賜物かw

 大人買いした講談社漫画文庫「少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎」(全3巻)を愛読しながら、近日中にご紹介するつもりなので御楽しみに。

2007.04.14

リフューズ・リデュース・リユース・リサイクル vol.3

070414gkb1cnrefill

セブンイレブンで カップヌードルRefill を見掛けたので購入し、自宅に買い置きしていた

旧CNの中身を移して早速試してみました。

肝である「マイヌードルカップ」(専用容器)は予想に反した大きさだったので、手の小さい

方には持ち難いかなと思いました。

この辺は改良の余地有りといった感じですが、率先して導入に踏み切った日清食品の

姿勢を高く評価すべきでしょう。

大量に仕入れる事で単価を抑え、1個¥99程度の値引きで販売出来るスーパーマーケット

などでは従来品(カップ型)の陳列が続くのでしょうが、環境先進国であり、ゴミ処理問題に

4R=Refuse(止めよう)、Reduce(減らそう)、Reuse(再び使おう)、Recycle(転用しよう)の

原則を布いて大幅な削減に成功しているヨーロッパに習うならば、1包¥130相当だとしても

リフィルを選択すべきです。

損得勘定を捨てられず、従来品に移し変える“戦法”では、本末転倒ですからね。

2007.04.12

新番組について

 関東で現在流されている「ランチの女王」の話。数年前の再放送分で視聴済みなので今回はGコード予約で録り溜めしているだけなのですが、過去飲食店での職歴がある私は、「それはないだろう」のやり取りから始まったランチをやる資格はない !! の掛け合いシーンに共振して好きになったドラマ。

 マイ・フェイバリット・アクトレスの梅宮万紗子さんが出演している点も大きい。私的にはT.Y嬢よりもヒロイン視。もっと出番を増やしてほしかった所だが、その後仮面ライダー響鬼で会えたので良し。――と思ったのも束の間、最近ではメディア出演が更に輪をかけて少ないので残念。

 食欲で惹かれたのは「デミグラスソースたっぷりのハンバーグ」。たしか石黒賢氏がゲスト出演していた回のメニューで、「バグ1(ワン)、お願いします」の台詞が印象的だった。そして翌日の献立も決った(笑)。仮面ライダークウガのポレポレカレー、プラネテスのトンカツ、ハコイリムスメ!の麦とろ、サクラ大戦3のクロワッサン、ジョジョ第4部イタリア料理を食べに行こう宜しく、呼び水になるエピソードですw

 明日金曜には「帰ってきた時効警察」、22(日)は「スカルマン〜闇の序章〜」、29(日)は「スカルマン THE SKULLMAN」が放送されるので、三木聡氏、石ノ森章太郎先生、ヒビキさん=細川茂樹氏ファンの私としては見逃せません。

 脚本家次第で面白さが激変する(であろう)帰って時効〜はさておき、スカルマンはどうなるか。ダラダラと長いだけの娯楽アニメとは異り、1クールのみというスパッとした構成が活きる事を期待しています。

2007.04.10

携帯型ゲーム機 「NEW!ネオジオポケットカラー」 SNK

以前から塡っている趣味の一つに「ネットオークション」があります。

一昔前に蒐集していた一過性流行グッズや、懸賞などで当った非売品(レアアイテム)を

捌くには最適です。

たとえばテレホンカード。今の自分には全く必要無い品であったとしても、世の中には

そういった稀少品を探している「コレクター」が存在するから、時代が変わってしまっても

需要と供給が成り立ちます。結果、当時は葉書1枚と切手代だけで手に入った物が

プレミア次第で¥5,000〜10,000とかの高額で落札されたりするんです。

もしもアナタが「コレはもしかしたら‥‥」と感じる物をお持ちなら、騙されたと思って一度

オークションに出品してみては ?

初めての出品から約一箇月。食玩×1、トレーディングカード×6、キャラクターグッズ×3、

故障AV機器×1、古本×2、ユーズド雑貨×3などが高額で落札され思わぬ収入に。

それを機に、どうしようか迷っていた「とある物」の購入を決意しました。

 01newngpc01crystal_1

知る人ぞ識る NEOGEO P OCKET COLOR (NEW VERSION *)です !!

 01newngpc02mainbody

1998年度GOOD DESIGN AWARD 商品デザイン部門を受賞した初代機(モノクロ版)を更に

洗練させた造型の精密さとは対照的に、操作方法は非十字キーの逸品「ぐりぐりレバー」と

ABスイッチだけという非常にシンプルなもの。前時代機ならではの魅力です。

特に ぐりぐりレバーと親指の一体感が神。 これは日本一と断言してしまおう。

左上のPOWERスイッチは言わずもがなですが、右上のOPTIONスイッチは一般的携帯

ゲーム機におけるSTARTとSELECTを足したようなものです。

 01newngpc03backside
 * ストラップは付属品ではなく私物です(^^;)

本機は背面右の「補助電池」(ボタンセル=コイン形リチウム電池 CR2032)独立機構による

バッテリーバックアップ機能を内蔵した携帯ゲーム機 なので、故障さえしなければ

経年による恐怖の消失現象が起こらない為、カートリッジ内部に半田付けされた状態のゲーム

ボーイ群から見れば、今後十数年先の快適性が保障されているようなもの。

任天堂及びサードパーティー各社がメーカーサポートを終了させてしまった昨今、自身の

手で電池交換作業が避けられなくなったからこそ垂涎モノです。

ただ、背面左の「メイン電池」(ダブルエー・バッテリー=単3乾電池×2本)を交換する時には

注意が必要で、メインと補助どちらの場合でも、 本体から“同時に”外してしまうとデータが

消えてしまう恐れがある そうなので、必ずどちらか一方を残した状態で交換する習慣を

つけましょう。

 01newngpc04comparisonnds

NINTENDO DS®との比較。縦長サイズが特徴的な液晶画面は近年主流になっている

バックライト方式ではない“反射型”ですが 嘘みたいに綺麗 なので、携帯ゲーム機に

精通している人ほど吃驚するでしょう!! その非照明仕様が節電(長時間プレイ可能)に

繋がっている点も見逃せません。

当然、光源が無い場所ではプレイ出来ないので、深夜になっても携帯ゲームを止めない

Hey Say チルドレンに対し、思わぬ教育玩具になるかもしれませんね(笑)。

因みにPOWERスイッチ横のランプによる電池切れ警告点滅は、遅い点滅=2回/1秒が

「メイン電池」、早い点滅=6回/1秒が「補助電池」の消耗を表しています。

 01newngpc05batterycharger 01newngpc06drycell

携帯ゲーム機のポテンシャルを活かすなら充電器セットは必須(ひっしゅ)。単品の充電式

電池と合わせ、(一往)メーカー純正品で買い揃えてみました。

一方、本品を含めて自然放電やメモリー効果現象がデメリットだった当時のニッケル・水素

蓄電池(500回充放電)に代わる物として昨今注目されてきた eneloop エネループ 等の

二次電池(1000回充放電)も使用出来る ので御安心を。

私が買った前者機器群は正常でしたが一昔前の製品である事には変わりなく、すぐに残量

切れとなり使用不能になったので、これは明らかに失敗した無駄購入でした(汗)。

という訳で、最初からエネループ等で代替(だいたい)する事を強く御薦め致します。

 01newngpc07acadapter

万全を期してACアダプタも購入していましたが、前述のエネループに替えてからは此方も

全く使わなくなりました。近い内にオークション行きですねコリャ、HAHAHA!!

 Newngpc08softcase

本機発売当時の購入予約特典としてのみ頒布された「特製ネオジオポケット本体ホルダー」。

自社アクセサリーだと統一感が段違いになるので、かなり探し回りました。

PSP™(プレイステーション・ポータブル)やNINTENDO DS® Liteなどの超高性能次世代携帯

ゲーム機が市場を席巻している昨今に何故?――と異論を唱える方もいるでしょう。

その答えは‥‥次回(専用ソフト紹介)に続きます。

 * '99年3月に発売されたネオジオポケットカラー(以下 旧カラー機)を再設計し小型化されたマイナーチェンジ機。
  公式ウェブサイト上では「NEW!ネオジオポケットカラー」と表記されているが、廉価版、或いはNEWカラー版
  (NEWカラー機)の俗称で知られる。機器自体の統一型番はNEOP-A2S。
  旧カラー機と簡単に見分けるには液晶画面 右上のCOLORロゴで判別可能(旧は大文字のゴシック体調で、
  本機は斜体のローマ字調で記されている)。
  中古品の相場は1,500〜3,000円程度。オークションなら大手サイトよりも競争率が格段に低い「モバオク ! 」、
  通販なら「ねっと☆宝島」「GAME77」「ないす堂」「ゲーム番長」「駿河屋.JP」「スーパーポテト」等が品揃え
  豊富で御薦め。

  尚、化粧箱の中にはSNKの社名が記載されていない白無地&赤文字デザインの簡素なパッケージ品も存在
  するが、これは経営悪化の一途を辿っていた当時のSNK社と提携したアルゼ社の経営方針転換によって
  アミューズメント施設のプライズ景品用(事実上の投げ捨て在庫処分)にされて出回った旧カラー機。

  因みにこの非売品、不人気だった当時の客離れが逆に功を奏したのか、「(準)未開封、未使用」という良好な
  コンディションで残存している例が多いらしく、私も実際に何度かネットオークション等で見掛けた事もあります。
  NEWカラー機に拘らないで新品に近い状態で探している方は、頻繁にチェックしてみるといいかもしれませんよ。

 
 挑戦的な「I'm not BOY.」のキャッチコピーが痛いツボに入るad。そう、私は負け組ww

 
 こちらは北米版(旧カラー機)のad。パッケージのデザインが異るのと取扱説明書が英文装丁
 なだけで物自体は全く同じ旧カラー機(日本製の刻印有り)であり、ソフトも両国問わずに
 遊べるので弊害は何もありません。
 このモデルも販売当時の影響で売れ残り在庫が多い様子で、店舗によっては未開封の新品
 (逆輸入品)で買える確率が高く、かくいう私も入手する事が出来たので、予備機として大事に
 保管しています。

 
 本体との同時購入を是が非にでも御薦めしたいのが、この「頂上決戦 最強ファイターズ™
 SNK® VS. CAPCOM®」。キャラクター数、グラフィック、BGM、操作性、連続技のどれを
 とっても神レベルで、当時の傑作として名高い「KOF98」をも超えている逸品です!!
 対戦プレイは今となっては無理でしょうが、難易度を「ゲーマー」にすれば上級者も納得の
 遊び心地になるのでプレイ・グリードは問題なく満たされます。
 但し、リュウ、リョウ、ザンギエフ、隠しボス等の確反が鬼レベルになりますけどね(笑)。
 私は覇王丸、ナコルル、モリガン、京、リュウ、ギース辺りを使ってます。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

◇ Twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック