« European cake | トップページ | 或夜の出來事 »

2007.12.27

プリンター考察

 所有歴はEPSON「Colorio PM-770C」とhp「PSC 1510 All-in-One」の二つだけ。 そんな私がずっと待ち焦がれていた「CD/DVDレーベルプリント対応」を目当てに本機「Photosmart D5360」を購入しました。

 実際に試してみた結果、たとえば266×45ピクセル程度のJPEG画像を使用した場合、レーベルの中心(穴部)を支点にして全円域まで強制拡大されてとりこまれるので、四隅はレーベル上から完全にはみ出してしまう。
 その為、自分好みに変更出来るのはテキスト等の限られた挿入文字のみであり、とりこんだ画像側の調節(位置の変更、拡大縮小etc)をしたいユーザーの欲求を満たしてはくれない。

 D5360r1normal_2

 そこで必須となってくるのがJUSTSYSTEMから販売されている「ラベルマイティシリーズ」などのホームソフトだ。
 hpのウェブページでもリンクが貼られている通り前述の要望に充分応えるものになっている。 なので、不満点を打破したいのならば必ず別途購入しなければならないのだが、追加で五、六千円近い出費になるのは相当悔しい。 しかし、絶対hpのプリンターがいいんだ ! という人は我慢せざるを得ないので、安い中古品等を根気良く探して賢く入手しよう。

 D5360r2custom_2

 因みにCD/DVDレーベルの印刷強化だけで事足りるという人は、私も買った「ラベルマイティ わがままDVD/CD」が三千円程度の安価且つ充分な内容なので御薦めする。

 D5360r3wagamama

 それはさておきhpのインクは値段が高いという意見がある。
 たしかに私もhpのインクは高いと感じる。 アピールポイントであり差別ポイントでもある顔料系インクだとしても、07年現在の他社製黒インク(染料系)が千円弱程度なのに対し、本機用はその倍近い二千円弱だ。 しかし、これは詰替インク販売メーカーと正規純正インクメーカーの対立と、エコ思想を利用した商売的思惑が根幹にある難しい業界問題故、一方的にhpだけを責める事は出来まい。 結論として、ここでも絶対hpのプリンターがいいんだ ! という人は我慢せざるを得ないので、ネット通販のセール等を狙って安く買う努力を続けよう。 何故ネットを指したかといえば、最寄りの量販店に赴いたとしてもhpの純正インクは扱っていない(または品揃えが極端に少ない)場合が多いからだ。

 加えて、今回初めてhpの製品を買おうとしている人に宣伝しておきたい事が一つ。 hpは説明書(マニュアル)が「英文をおおまかに和訳しているにすぎないのでは」と感じられる程に分かり難いというマイナス要素が付きまとう反面、実際のサポート(Q&A)対応は悪くない。 大抵のメーカーは平日定時までの電話応対のみだが、hpはEメールで気軽に質問出来るし、且つ回答が中中素早いので好感が持てる。 分からない事があるなら一人で悩んでいないでどんどんカスタマーサービスにメールして、納得いくまでメーカーと意見交換してみよう。

 最後に、08年1月15日迄に購入した場合なら「使って試せるから安心 !」 HPインクジェットプリンタ 30日間お試しキャンペーンで返品可能なので、実際に触ってみてから判断しても間に合うぞ。

« European cake | トップページ | 或夜の出來事 »

gk. Memorandum, Tweet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1873366/50912411

この記事へのトラックバック一覧です: プリンター考察:

« European cake | トップページ | 或夜の出來事 »

◇ Twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック