« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.22

シータ、あの空?!

 Wa_laputa1
 
© 2005-2009 STUDIO GHIBLI, Inc. All Rights Reserved.

 地上デジタル放送の受信環境となって初となるラピュタだった金曜。

 とはいえ脳内で変換可能な程に見尽くした作品。態態録画するまでもないか――とは思ったが、前述の通り一新されたAV機器があるんだからと考え直した。

 そんな心境を見透かされていたのだろうか。2009年の今という時期に流される意義に気付いたのは物語の中盤。ロボット兵との鏖戦後にタイガーモス号へと向かう道中。地上波放送では割愛される事が多かったシーンである。

 新聞の番組欄にも記されていなかった「ノーカット版」だったのは実に嬉しい誤算だった。

 これなら多少の字幕広告が入っていても我慢出来る。今更セルDVDやBlu-ray版を購入する気も無いので、「初の地上デジタル版ラピュタ」としてDVDへ焼くに値するだろう。

 一方、そのデジタル放送の革新的な技術の凄さに改めて驚かされるのは、2009年産3DCGバリバリの最新作ではなく、寧ろ一昔前の手描きセル画作品だったりするのが逆説的で面白く感じ、そして興味深い。

 今回のラピュタでいえば、序盤でドーラ一家と鉱山夫達が乱闘するシーンなんかが私見の要チェックポイントとなった。

 アナログ&ブラウン管TVだった頃に放送されたラピュタでは全く判別出来なかったが、両者のボディブロー応酬中、「へっへっへ‥‥効いてねぇぜニヤニヤ」において「実はちゃんと効いてる滲み汗」を掻いているのが確認出来るのだ(特に長男シャルル側)。

 然し、それよりももっと驚いたのは、クライマックスで描かれる偏執的なまでのラピュタ崩壊シーンの最中だった。

 脱出したドーラ達がフラップターで滞空している辺りからよーーーーーーく観察してみると、海面に崩落していく夥しい数の残骸の中に「ムスカ」を見つける事が出来るではありませんか?!

 「人がゴミのようだ!」と言っていた自分自身が「ゴミ粒の如く落ちる様」を確りとフィルムに残しておくこの周到さからは、「これが因果応報というんだ。キミ達はこんな大人になっちゃいかんよ」と警告する監督のメッセージが読み取れるのだ。
 竜の巣の雲の件以外にも、こういう描写が隠されていたんですねぇ。

 Wa_laputa2_muska

 そういう訳で、一度この違いを知ってしまうとアナログには戻れない。2011年迄待つのも結構だが、“地デジ化”については早めの先行投資を薦めたい。

 ところで、クロージングクレジットで流れる「君をのせて」を知らない人はいないと思うが、この曲がちょっと驚くカタチでカヴァーされている事を御存じだろうか。

 その曲の名は「君をつれて」。

 あの米米CLUBの石井竜也が「あれから16年経った主人公の視点」で唄った一曲なのだが、これが実に共感出来る歌詞で胸をうつのだ。

 隠れた名曲である。

 

 

続きを読む "シータ、あの空?!" »

2009.11.17

「性癖」レビュー目次

LINK集をアップしました。読みたい題目をクリックして下さい。

  【愛用】 『「超」整理手帳2010ミニ』&「パーフェクトペンシル」篇 new

  【愛用】 『「超」整理手帳 2009』篇

  【愛用】 『「超」整理手帳 2008』篇   

  【愛用】 「iPod shuffle」篇

  髙尾山と書いてTAKAOSAN

  リフューズ・リデュース・リユース・リサイクル   4R vol.2   4R vol.3

  愛書狂(ビブリオマニア)   愛書狂 vol.2

  TRUE FOOD GUIDE 第1号   T.F.G ミニガイド 〜チョコレート編〜

  黄道十三星座

  ロケ地巡り「水元公園」   ロケ地巡り「Sun Street 亀戸」   ロケ地巡り「新立川航空機(株)」

  零OFF会「竹取百物語」

【愛用】 『「超」整理手帳2010ミニ』&「パーフェクトペンシル」篇

  Aiyo_cst3choseiri2010a7mini_0

 「超」整理手帳ユーザーとなって二年。来年はこれまで主流だったA4ノーマルではなく2010ミニ(A7ミニ)を試してみたくなり、思い切って注文しました。

 それに合わせて多色ボールペンもゼブラ4+1を止めてトンボのリポーターコンパクト4という物を愛用するようになってます。

 生来 男にしては手が小さいので、この短さが結構 体躯に合ってます。前述の手帖用に買ったイームズのカバーにもピッタリで御薦め。

 Aiyo_cst3choseiri2010a7mini_1_2 Aiyo_cst3choseiri2010a7mini_2 Aiyo_cst3choseiri2010a7mini_3
 左:ペン側のフックと手帖カバー側ペンホルダの向き参考。こうする事でピッタリとホルダ内に
   収めた状態でボタンを閉じられる様になります。

 中:前述の条件で閉じた状態。逆向きでフックを掛けるとここまで綺麗には閉じられません。

 右:ただ、ペン自体の太さがあるので多少は脹らみますが、写真通りの浮き具合なので
   許容範囲だと思います。見た目では全く気付きませんし。

 今月9日から書き始めたばかりですが、購入前は不安だった点もあまり感じず寧ろ快適に使えてるので、A4→A7サイズへの替え判断は概ね正解だったようです。

 それとは別に、シャーボ系を使わなくなった関係で携帯に適した短めのシャーペンを新調しようと思ってた過日、ハートにズッキュゥゥゥンとウホッた逸品を衝動買いしてしまいました

 知る人ぞ識る最強(無駄に豪華なだけとも言う)の鉛筆、 FABER-CASTELL パーフェクトペンシル  です*

 Aiyo_fabercastell9000_3

 消しゴム付きの鉛筆に、シャープナー(鉛筆削り)を内蔵した延伸用キャップ(短くなった鉛筆の補助具)がセットになっていて、これ一本でどんな場所でも「書く、消す、削る、仕舞う」事が可能なニクいヤツ。

 しかもこの鉛筆、 ビジュアルも無駄無駄に恰好良い世界。

 一往 男である私からのアドバイスです。

 これ、獲物 or 枯氏 or 旦那様へのプレゼントに是非w

 * 原文での商品名はPERFEKTER BLEISTIFT(独語で“完璧な鉛筆”)。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

◇ Twitter

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック